健康速報

自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

番茶シップで疲れ目対策。スマホ老眼にも。

time 2017/01/20

番茶シップで疲れ目対策。スマホ老眼にも。

ここ数年、スマホやパソコンの普及で疲れ目に悩む方が増えています。また、目の周りにの筋肉が加齢によって衰えてくることでピント合わせが難しくなり、目の疲労を感じる方もおられるかと思います。

疲れ目に悩む方たちの間で、最近「番茶シップ」が注目されているのをご存知ですか? 番茶シップは「おばあちゃんの知恵袋」的に昔から伝えられていた目を休めるための方法です。今回は「番茶シップ」の効能と、その方法についてお届けします。

sponsored link

番茶シップの効能


目のさまざまなトラブルや病気は、目の血行が悪くなる事が原因で起こると言われています。白内障や緑内障も、目の血行が影響するようですし、目の血行が悪くなることで、眼筋や毛様体筋といった目の周りにある筋肉の緊張し、疲れ目を起こしたり、視力の調整が難しくなったりするのです。

番茶シップは目の血行を改善するのに効果的だと言われています。番茶は強いアルカリ性ですから、体が酸性に傾き過ぎないよう歯止めをかけると言われています。

また、番茶シップは昔から日本に伝わる目の治療法で、どこでも手に入る物で試す事が出来るのも魅力です。

マクロビオティックのスペシャリストも推奨しています


桐生断食道場でマクロビオティックやヨガの指導に取り組んでおられる、藤野幾三先生も番茶シップを推奨しています。藤野幾三先生ご自身も目の不調に悩んでいた時期があり、番茶シップで改善した経験をお持ちなのだとか。

番茶シップの方法


材料


番茶(少し熱いと感じる温度) 200ml
天然塩            小さじ1/2
脱脂綿            ゴルフボール大

方法

1 番茶に天然塩を入れて溶かす
2 脱脂綿を箸でつかみ番茶に浸す
3 脱脂綿が熱過ぎない事を確認して目に当てる
4 脱脂綿が冷めてきたら、再び番茶に浸して目に当てる
5 1~4を左右の目で行う。左右合わせて10分程度行う。

※ 朝と晩、1日2回行うのが理想的。
  疲れ目が酷い人は朝、昼、晩の3回でもOK!

※ 番茶はスーパー等で売っている一般的な物でOK!

まとめ


筆者も番茶シップを試しみましたが、目の血行が良くなるのを感じました。熱いお絞りを目に当てて気持ちが良いと感じた事のある方は多いと思うのですが、番茶シップは香りも良いので「熱いお絞り」以上に気持ちの良いものです。

健康雑誌『安心』にも紹介されていて「視力が回復した」「疲れ目が取れた」と言う声が多数寄せられているようです。

簡単に手に入るもので試す事が出来ますから、疲れ目にお悩みでしたら、試してみてはいかがでしょうか?

sponsored link

口・歯・歯茎・口腔内



sponsored link

sponsored link