健康速報

自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

究極の完全食『玄米スープ』の作り方。ダイエット、健康維持に。

time 2017/02/28

究極の完全食『玄米スープ』の作り方。ダイエット、健康維持に。

昔から「玄米は身体に良い」と言われています。宮沢賢治の有名な詩『雨ニモマケズ』の中で、宮沢賢治は「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ」と、1日に4合の玄米を食べると詩っていますが、現代ほど食生活が豊かではなかった当時の人達にとって、玄米は貴重な栄養源でした。

「玄米は身体に良い」と分かってはいるものの「玄米も悪くないけど、やっぱり白米が好きなのよねぇ」と言う方も多いかと思います。実際、美味しいですものね。白米。今回は玄米を「ご飯」として食べるのではなく、スープとして食べる方法のご紹介です。今回ご紹介する玄米スープはマクロビオティックをされている方や、健康に敏感な方の間で話題になっているようです。

sponsored link

完全食、玄米スープ


どうして玄米は身体に良いのか?


玄米は白米と違って「胚芽」と「糠」が付いている事はご存知かと思います。胚芽とは、その字の通り成長して芽になる部分で、玄米を水に浸けておくと芽が出てきます。この胚芽こそが「生命力の塊」なのです。

また糠に含まれるビタミンとミネラルも見逃せません。身体の中で炭水化物を分解してエネルギーに変えるにはビタミンとミネラルが必要なのですが、玄米にはビタミンとミネラルが抱負に含まれるため効率良くエネルギーを作り出す事が出来るのです。

食物繊維が抱負でお通じに良いことも知られています。


玄米スープの作り方

材料(4人分)
玄米 1合
水 720ミリリットル
塩 ひとつまみ

作り方

準備
傷んでしたり、もみ殻がついた玄米を取り除き、ボウルに玄米と水を入れて3回かき回して、水を捨てる。これを3回行っておく。

1 フライパンに玄米を入れて強火にかける。
  玄米がふっくら香ばしい香りになるまで5分ほど炒る。
  (焦げたり破裂しないよう気をつける)

2 炒った玄米を土鍋に移し、水を加えて中弱火かける。
  蓋はしないで沸騰するまで10分煮る。
3 沸騰したら少量の塩を加える。
4 強火にして蓋をする。
  蓋の穴から湯気が出てきたら、弱火にして30分煮込んで完成。

※ 多めに作って1食分ずつジップロックに入れて保存すると便利です。
  冷蔵で1週間。冷凍で1ヶ月保存可能です。

玄米ご飯から作る玄米スープ


材料(4人分)
炊いた玄米ご飯 300グラム
水 720ミリリットル

作り方
1 土鍋に炊いた玄米ご飯と水を入れ、蓋をせず強火で沸騰するまで煮る
2 沸騰したら蓋をして火を止め、5分蒸らしたら完成

ダイエットや体質改善に


玄米スープを食べてダイエットや体質改善に成功した方は多いようです。健康雑誌『壮快』にも紹介されていて「10キロ痩せた」「血圧が安定した」と言う声が寄せられています。

玄米スープは栄養バランスを整えるのには最適の食事です。もちろん玄米スープだけと言うのはNG。玄米メインでバランスの取れた食事を心がけてみてください。

まとめ


玄米スープは基本の玄米スープだけでなく、他の野菜を加えてアレンジしても良いようです。筆者も作ってみましたが、ご紹介した玄米スープ「だけ」だと、正直飽きてきます。ほうれん草や人参、家にある野菜を自由に加えて味噌汁感覚で楽しむのがオススメです。

作り方は簡単ですから気なる方は試してみてはいかがでしょうか?

sponsored link

口・歯・歯茎・口腔内



sponsored link

sponsored link