食べて元気

話題の健康ジャム。『にんにくジャム』が美味しい上に凄いらしい。

みなさんは『ニンニクジャム』ってご存知ですか? 料理研究家の村上祥子先生が考案された健康ジャムで、健康雑誌『安心』で紹介されて大反響を呼びました。テレビでも取り上げられ、テレビ東京系の番組『L4YOU』で放送されていたのをご覧になった方もおられるかも知れません。

参考 村上祥子先生のブログ

ニンニクジャムで健康生活

ニンニクは身体に良いと言うけれど……

ニンニクが身体に良いと言うことは既にご存知かと思います。豊臣秀吉はニンニクを数珠のようにひもでつないで首からさげ、それを食べながら『毛利攻め』をしたという記録が残っています。また、現代ではスポーツ選手などが「ニンニク注射」をしている……などと話題になったり。

しかし、一般人が定期的にニンニク注射を受けるのは時間的にも金銭的にも難しいですし、そうかと言って豊臣秀吉のように丸かじりするのはワイルド過ぎると言うものです。

ニンニクの効果

ニンニクには体力増強、疲労回復、高血圧の改善をする作用が含まれています。ニンニクに含まれるビタミンB1、B2、B6、アリシンが、抗酸化作用(老化防止)や血行促進作用を促します。

これらの成分が血圧を安定させたり、免疫力を高めたりしてくれるのです。

ニンニクジャムの作り方

【 材料 】完成時400g
たまねぎ 500g(正味)
にんにく 100g(正味)
パルスイート(カロリー90%カット) 20g(砂糖の場合は60g)
レモンの搾り汁 大さじ2(30g)

【 作り方 】
1 たまねぎは皮をむき、上側と根を切り落とす。
にんにくも皮をむく。
2 耐熱ボウルに【1】を入れ、水100ccを注ぎ
ふた又はラップをして、電子レンジ600Wで12分加熱します。
3 汁も一緒にミキサーに移し入れ
  パルスイート、レモン汁を加え、なめらかになるまで回す。
4 耐熱ボウルに移し、ラップをせずに電子レンジ600Wで6分加熱します。
5 完全に乾燥しているびんに熱いうちに移し、ふたをする。

※ 常温で1カ月、開封後は冷蔵で3カ月保存出来ます。
  摂取する適量は1日にティースプーン2杯程度

ニンニクジャムの利点

ニンニクジャムはニンニクとたまねぎを電子レンジで加熱することで、独特の匂いを押さえることに成功しています。ですから、ニンニクの匂いが苦手な方でも手軽に食べる事が出来るのでする

ジャムとは言っても……

「ニンニクジャム」と聞いて「ニンニクをパンに塗るとか無理!」と思われた方もおられるのではないでしょうか?

パンに塗らなくてもいいのです。ジャムと言っても調味料の1つとして利用する事をオススメします。ラーメン屋さんなどで置いている「すりおろしニンニク」の感覚で使えばOK。

カレーにや炒めものに入れてみたり、野菜の和え物に少し足してもりた。鶏肉や牛肉、魚などを焼く時に使ってみても美味しいですよ。

手軽にお安く!

ニンニクジャムは安価で作る事が出来るのも魅力の1つ。ニンニク系のサプリメントと違って、少し手間がかかるのが難点ですが、1度作ってしまえばしばらく使えますし、日持ちもするので、まとめて作って料理に活用されてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
ピーナッツ
漬けるだけで健康効果アップ! 話題の『酢ピーナッツ』の作り方。

ここ数年は『酢にんじん』や『酢ニンニク』など、何でもかんでも酢に漬けるのが流行っていますが、最近は『酢ピーナッツ』が話題 ...

おすすめ
玉ねぎレシピの最高傑作!話題の『黒たまジャム』で健康生活!

ここ数年「玉ねぎは血液をサラサラにする効果がある」と言うとで、様々な食べ方が考案されてきました。 玉ねぎの新しい食べ方に ...

おすすめ
台所の降圧剤『ニンニク酢』のススメ。

みなさんは、洋食と和食どちらをよく召し上がりますか? 洋食が好きな人でも「健康のために出来るだけ和食中心の食生活を心掛け ...

-食べて元気
-, , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.