食べて元気

脳梗塞・動脈硬化・認知症予防に焼き海苔が良いらしい。

みなさんは『葉酸』と言う栄養素をご存知ですか?

ポイント

葉酸はビタミンB郡の一種で、細胞の増殖や赤血球を作るのに欠かせない栄養素です。特妊娠中は葉酸が不足すると、胎児に神経系の障害が起こるとされていて、妊婦さんの間では「妊娠中は葉酸を沢山取る」というのは常識になっています。

 

脳梗塞・動脈硬化・認知症を焼き海苔で予防!

葉酸と動脈硬化の関係

最近は葉酸と動脈硬化の関係が注目されています。

ポイント

葉酸が不足すると体内に「ホモシステイン」と言う有害な物質が増殖します。この物質が血管を傷つけ、動脈硬化を促進するので、葉酸が不足すると、心筋梗塞や脳梗塞の発症率が高まるのです。

ホモシステインは、血管を傷つけるだけでなく、神経細胞を傷つけたり、アルツハイマー病の原因物質を増やして認知症のリスクをもアップささせます。

そこで近年は認知症予防に「葉酸」が注目されているのです。ー

現代の日本人は葉酸が不足していると言われています。葉酸の不足が脳梗塞や認知症などの増加に拍車をかけている可能性があるのです。

葉酸を多く含む食べ物

そんな訳で、出来るだけ意識的に葉酸を摂取したいところですが、葉酸はどんな食べ物に多く含まれているのでしょうか?

良く知られているのはほうれん草やブロッコリーです。しかし、それ以上に効率よく葉酸を摂取出来るのが「ノリ」なのです。

100グラムあたり葉酸含有量(1ugは1000分の1mg)

  • ほうれん草   210ug
  • 鶏レバー(肝臓)     1300ug
  • 枝豆      260ug
  • 焼き海苔    1900ug

ちなみに。焼き海苔は全形サイズ(縦21センチ、横19センチ)1枚あたり、57ugの葉酸が含まれています。

葉酸は水や熱に弱いため、茹でたほうれん草だと、茹でる前の半分の葉酸が壊れてしまいます。

一方、焼き海苔の場合はそのまま食べられるため効率良く葉酸を摂取する事が出来ます。

1日に成人が取るべき葉酸の量

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s

ポイント

現在の日本の食事摂取基準では、成人が1日に取るべき葉酸の量は240ugとされています。焼き海苔なら全形4枚と言うことになります。

ポイント

葉酸は色々の食べ物の含まれているので1日に摂取する葉酸の全てを焼き海苔でまかなう必要はありませんが、意識的に焼き海苔を食べることで、葉酸不足を解消する事が出来ます。

海苔でごはんをくるんでみたり、おにぎりにしたり、冷奴に乗せたり、千切ってお浸しに乗せてみたり。

葉酸不足を解消することで、脳梗塞・心筋梗塞・認知症のリスクを回避する事が期待できます。

葉酸はサプリで摂る事も出来ますが…

ポイント

焼き海苔が苦手な場合は、サプリで葉酸を摂る事も出来ますが、もし焼き海苔が嫌いでなければ、自然な形で食べる事をオススメします。海苔は葉酸の他にも、ビタミン・ミネラルといった栄養素が豊富で、日本の誇る健康食品と言えるでしょう。

ただ焼き海苔を食べるだけで、脳梗塞・心筋梗塞・認知症のリスクが抑えられるなんて素敵ですよね。

食卓に海苔を置く習慣」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • 質問に答えていくだけで結果が分かる診断テストを試してみたい方はこちら

合わせて読みたい

おすすめ
ブロッコリーは最強野菜。認知症予防にも。

みなさんはブロッコリーに対してどんな印象を持っていますか? 「緑黄色野菜だ」とか「サラダの野菜」とか「お弁当の彩り」など ...

おすすめ
食べ方
感染症・認知症予防に「食べる甘酒」が良いらしい。腸活にも。

甘酒は「飲む点滴」と言われ、身体に良いとのことで、ここ数年知られるようになってきました。 甘酒をはじめとする日本古来の発 ...

-食べて元気
-, , , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.