身近な元気

ファイトケミカルって何?「クルクミン」が注目されている理由について

みなさんは「ファイトケミカル」って言葉をご存知ですか? 健康に感心のある人達の中で注目を集めていて「第7栄養素」とも呼ばれています。しかし「ファイトケミカル」が注目されているのは、どんな理由があるのでしょょうか? 今日はファイトケミカルをご紹介します。

クルクミンで健康生活

ファイトケミカルって何?

ファイトケミカルとは「野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブ」など植物性食品の色素や香りアクなどの成分から発見された化学物質です。その数はなんと約10000種類! ちなみに、ファイトケミカルの「ファイト」とは、英語の「FIGHT」ではなく、ギリシャ語で「植物」の事を意味します。

ファイトケミカルが健康に良い理由

ファイトケミカルが注目されている理由は、抗酸化作用にあります。例えば、リンゴを切って放置しておくて、酸化して切り口が茶色になりますが、酸化は植物にだけ起こる減少ではないのです。人間の身体の中でも酸化は常に行われているのです。その酸化抑制する働きが「抗酸化作用」と言う訳です。

083228

酸化=老化

「人間の身体が酸化する」と言うと、ピンとこない方も多いかと思うのですが「老化する」と聞くと「なるほどなぁ」とわかりやすいかもしれません。

ファイトケミカルは、すでにみなさんもご存知の成分が沢山あります。例えばポリフェノール。赤ワインに含まれるポリフェノールが身体に良いという事は随分知られているようですが、実はポリフェノールにも種類があるってご存知でしたか? 例えばお茶に含まれる茶カテキンや、大豆に含まれるイソフラボンなども、抗酸化作用を持つポリフェノールの仲間なのです。

クルクミンに注目!

ポリフェノールの中でも最近、注目されているのがウコンの色素に含まれるクルクミンです。

ウコンは肝臓をサポートする役割があり、アルコールの好きな人達の間では「アルコールを飲む前にウコンを飲むと悪酔いしない」と言われていますがもクルクミンにも肝臓の機能を高める効果が期待出来ます。

また、ガンの発症を押さえる効果も期待できるようです。

現在、その効果を立証するべく、多くの研究機関が研究を行っています。クルクミンは、そのまま状態では、ガン予防は期待できないのですが、アメリカ科学学会の発表によると、クルクミンが体内でテトラヒドロクルクミンに変化することで効能を発揮するのだとか。

また、クルクミンには神経系に作用して、脳の物質の変異を予防してアルツハイマー病にかかりにくくなるとも言われています。

そして抗酸化作用!

そしてクルクミンに期待したいのは、やはり優れた抗酸化作用です。

クルクミンには「フリーラジカルの抑制効果」があると言われています。これは、遺伝子の損傷を防ぐ働きがあり老化防止に欠かせません。現在、クルクミンはいくつかのメーカーかりサプリとして販売されています。

もともと、ウコンに含まれるものですからウコン系のサプリでも似たような効果はあるようですが、抗酸化作用と老化防止を期待するのであれば、クルクミンを全面に出したサプリを選んだ方が、より効果が得やすいようです。

「健康や美容のために何か始めたい」と言う方は、検討してみても良いでかも知れませんね。

合わせて読みたい

おすすめ
食べ方
感染症・認知症予防に「食べる甘酒」が良いらしい。腸活にも。

甘酒は「飲む点滴」と言われ、身体に良いとのことで、ここ数年知られるようになってきました。 甘酒をはじめとする日本古来の発 ...

おすすめ
朗報!脳の活性化にココナッツオイルが効くらしい?

年をとると共に「人の名前が思い出せない」「なんとなくやる気が出ない」と言った、物忘れや無気力に悩む方が増えてきます。 そ ...

おすすめ
酢タマネギより食べやすい『タマネギのドレッシング漬け』のレシピ

最近『酢タマネギ』が流行っていますが、みなさんはお試しになりましたか? 酢タマネギについては別記事の『新しい『酢玉ねぎ』 ...

-身近な元気
-, , , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.