食べて元気

めまいでお悩みの方に朗報!自家製・黒ゴマ酒の効果

「これといって原因が分からないのだけど、ちょくちょく起こるめまいに悩んでいる」と言うかたは意外に大いのではないでしょうか?

漢方の世界ではめまいの事を「眩暈」と言うそうです。めまいの原因は完全には解明されていませんが、漢方の考え方では、次の3つとされています。

1 体内の水によどみが生じた時に起こるめまい
→吐き気を伴う
2 五臓のうち「肝」と「腎臓」が弱くなって起こるめまい。
→身体がふわふわ・ゆらゆら
3 身体の気(生命エネルギー)と血(血液)が不足して起こるめまい
→立ちくらみ。身体に力が入らない

黒ゴマ酒でめまい改善!

中国漢方1500の年歴史!

3つのめまいのうち、2と3のめまいに効くのが黒ゴマ酒です。(残念ながら吐き気を伴うめまいには効果がないと言われています)
黒ゴマ酒は1500年前から薬酒として中国で愛されてきました。1500年前の中国の医薬書にも記載されているようです。

黒ゴマの効果

黒ゴマは「腎」と「肝」の力を強め、血を補う効果があるそうです。群馬中医研薬局の薬局、井上正文先生は、ご自分のところに来られる患者さんに黒ゴマ酒の実践を勧めておられるのだとか。

特に「検査では異常は見つからないけれどめまいで悩んでいる」と相談に来られていた方に勧めた結果、3ヶ月ほどで症状無くなったのだとか。また「「腎」と「肝」の強化はめまいに悩んでいる人だけでなく「病気とは言えないんだけど、なんとなく元気がない」と言う方にも良いそうです。

黒ゴマ酒の作り方

材料
黒ごま 100g ホワイトリカー 1リットル

作り方

1 黒ごまをフライパンで強火で煎る。
2 香ばしくなってパチパチといったら、火を止め自然に冷ます。
3 黒ごまを充分に冷まし広口のビンに入れて、ホワイトリカーを入れる。
4 水を少し入れた鍋に、ビンを入れる。
  ふたをしないで沸騰させる。(5~10分くらい)
5 そのまま自然に冷ます。冷めたら鍋からビンを取り出す。
  ふたをして冷暗所に1晩おいて出来上がり。

※ 黒ごまは、いりごまを使用すれば煎る必要はありません。

黒ゴマ酒の飲み方

上澄みをおちょこ1~2杯を、ぬるま湯で適量うすめて朝晩1回ずつ飲む。
好みでハチミツをいれてもOK!

薄めるのが面倒な方はそのまま飲んでも良いですし、お酒が苦手な方は夜寝る前に1回だけでも。

残った黒ゴマについて

ラーメンやおそば、うどん等にそのままかける。
炒め物・サラダなど何でもOK!

※ アルコール分が含まれていますから20歳以下の方は召し上がれません

けっこう美味しいですよ!

私は1年中飲んでいる訳ではないのですが「ちょっと疲れ気味だな……」と感じる時に半量だけ作って飲み切るようにしています。「健康のために飲まなきゃ!」となるとストレスですが、けっこう美味しくて気に入っています。ただ1年中飲むとなると飽きがくるかも。

黒ゴマ酒は作り方も簡単ですし、安価で出来ますから、最初は半量作ってみて試してみてはいかがでしょうか? 

合わせて読みたい

おすすめ
良性発作性頭位めまい症とは?
耳鳴りでお悩みの方に朗報! 耳のトラブルを緩和する『はちの子のサプリ』について。

耳鳴りやめまいといった辛い症状にお悩みの方は以外と多いようですが、お話を伺うと「これといった治療法がなくて」とおっしゃる ...

おすすめ
内科医推奨!耳鳴りに「クルミ」が効く5つの理由。

耳鳴りに悩んでおられる方は多いかと思うのですが、耳鳴りってお医者さんに多いってご存知でしたか? 毎日、聴診器を使うことで ...

おすすめ
一晩で完成する長寿の秘薬。話題のゴマ酢の作り方。ダイエットにも。

ここ数年は「食品を酢に漬ける」事が何かと話題になっていますが、みなさんは「ゴマ酢」ってご存知ですか? ゴマ酢はモンゴルに ...

-食べて元気
-, , , , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.