食べて元気

朗報!脳の活性化にココナッツオイルが効くらしい?

更新日:

年をとると共に「人の名前が思い出せない」「なんとなくやる気が出ない」と言った、物忘れや無気力に悩む方が増えてきます。

そもそも脳は加齢とともに動きが衰えて記憶力が悪くなっていくのです。また、認知症や脳梗塞などが原因で脳の働きが悪くなります。

ココナッツオイルで健康脳生活

脳の働きが悪くなる訳

最近、物忘れや無気力を招く原因として新たに指摘されている問題があります。

それは、脳の慢性的なエネルギー不足。脳には膨大な数の神経細胞が存在して、ブドウ糖をエネルギーに変えて活動しています。ブドウ糖の原料は食事で摂取した糖質です。

糖質はインスリンの働きで、脳の神経細胞のエネルギーとして利用されるのですが、インスリンは加齢と共にその腹たらきが低下してくるのです。

そうすると脳の神経細胞はエネルギーを上手く取り込む事ができず、慢性的なエネルギー不足に陥ってします。その結果、脳の働きが衰えてくると考えられていてます。

実は脳神経のエネルギー源はブドウ糖以外にもう1つ存在するのです。それは脂肪酸が肝臓で変換される事で出来る「ケトン体」です。

もともと、人間の身体はブドウ糖を使いきってしまうと、体内の脂肪酸からケトン体を作りエネルギーとして利用される仕組みになっています。

ココナッツオイルがアメリカで大ブーム

そこでケトン体の原料となる中鎖脂肪酸が多く含まれる「ココナッツオイル」が注目されています。

アメリカでは、脳のエネルギー不足を防いで、認知症の症状を回復させるための研究が盛んなのですが、そういった中で注目されているのが「ココナツ油」なのです。

実際、アメリカのメアリー・T・ニューポート医師が、アルツハイマー型認知症の夫にココナツ油を摂取させたところ、症状が改善したという結果を発表しました。

メアリー・T・ニューポート医師のハッピをうは全米で反響を呼び、ココナッツオイルは脳活性食としてブームになっています

症状の改善に必要なココナッツオイル

脳を活性化させ、気になる症状を改善するためにはココナッツオイルが1日大さじ6杯必要だとされています。

炒めものに使ったり、サラダドレッシングを作る材料にしたり、あるいはパンにバター代わりにして塗るのもOK。

他の食物油と同じく、1度に沢山取ると下痢を起こす人もいるため、最初は1日小さじ1杯程度から始めるのが適切とされています。

ココナッツオイル油はデパートや通信販売などで手に入れる事が出来ます。

created by Rinker
¥1,890 (2019/05/03 12:45:42時点 楽天市場調べ-詳細)

料理をする油をココナッツオイルに変えるだけででも効果がありますから、物忘れにお悩みの方は是非1度お試しください。

美味しいかどうかは微妙かも

筆者もココナッツオイルを試してみましたが、味はちょっと独特な感じがします。

美味しいか…と聞かれると微妙かも。パンにつけたり、ドレッシングに使ったりするよりも、炒め物にした方が食べやすかったです。

ただ、味覚は個人差があるのでココナッツオイルが平気な方も多いようです。

弱点はお値段。

他の油に較べると断然高価格なので「これは脳のためのサプリ」と言う意識がないと続かないように思いますが「そこんとこも問題ないよ」と言う方は試しみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
脳の血流を改善する『ニンニク油』が認知症予防に良いようです。

最近、認知症や物忘れ予防に「ニンニク油」が効くと話題になっています。なんでもニンニク油を取り入れることによって、脳の血流 ...

おすすめ
ファイトケミカルって何?「クルクミン」が注目されている理由について

みなさんは「ファイトケミカル」って言葉をご存知ですか? 健康に感心のある人達の中で注目を集めていて「第7栄養素」とも呼ば ...

おすすめ
脳梗塞の予防に! 就寝前にコップ1杯の水。

みなさんは「脳梗塞」と聞いて、どんなイメージを持っていますか? なんとなく「年配の人がなる病気」とか「お年寄りの病気」と ...

-食べて元気
-, , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.