ダイエット 便秘・腸内環境

毎日快便! 腸スッキリ! 話題のゴボウスープでデトックス!

更新日:

便秘でお悩みの方っておられますか? 実は私もその中の1人です。

ポイント

最近は健康方を色々試すのが趣味になっているので、何かほ頑張っている間は「いいかも」と言う時が続くのですが、つい飽きてしまったり忙しくて続けられなかったりするんですよね。そうなるとじりじりと便秘が忍び寄ってきてしまいます。

「腸に良い食材」や「便秘に効く食材」は色々ありますが、今回は人見惠子さんが考案したゴボウスープのご紹介です。

ゴボウは食物繊維が多い食べ物として知られていますが、スープにすることで楽々身体に取り入れる事が出来るのでオススメです。

ゴボウスープでデトックス

 

今回ご紹介するゴボウスープは以外と作る理方が簡単なんです。

ゴボウと言うとアク抜きをしないと食べられないイメージがありますが、アク抜き不要なんです。人見恵子先生曰く、ゴボウも年々品種改良が進んでいるため、昔よりもずっとアクが少ないのだとか。

実際、作って飲んでみましたが予想していた以上の美味しさでした。

ゴボウスープが身体に良い理由

 

ゴボウに含まれる成分

  • 食物繊維→腸の動きを助ける
  • オリゴ糖→腸内でビフィズス菌のエサになる
  • カリウム→トリウムを排出して血圧を下げる
  • リグニン→コレステロールを減らす

ゴボウに食物繊維が多く含まれているのはご存知かと思いますが、ゴボウには食物繊維以外にも良い成分が沢山含まれているんです。

意外に思われるかも知りませんが、オリゴ糖も含まれています。オリゴ糖は腸内でビフィズス菌の餌になる成分として知られていますが、ゴボウにも含まれているんです。

また、ゴボウには酵素も多く含まれているため細胞を活性化される作用があり免疫力アップも期待出来るそうですよ。

ゴボウスープの作り方

材料
昆布   20センチ
水    300~400cc
ゴボウ  1/4本
味噌   適量(無添加のもの)

1 コンプを一口大にカットして分量の水に1晩つける
2 ゴボウを流水で綺麗に洗う
3 ゴボウを皮ごとすりおろす
4 1を中火にかけ人肌程度に覚ます
5 お椀にすりおろした昆布と味噌(味噌汁の濃さになる量)を入れて
昆布ごと4を注ぎ入れてよくかき混ぜたら出来上がり

※ 昆布出汁ではなく、人肌に温めた豆乳(無調整)を入れてもOK
この場合はポタージュスープ風になります

実際に作ってみました!

早速、私も作ってみました。基本のゴボウスープは和風味で美味しいのですが、個人的にはポタージュスープ風の豆乳ゴボウスープの方が好みです。すりおろしたゴボウは意外と泥臭さやアクは感じませんでした。味噌の風味があるせいか、うま味があって美味しいですよ。

健康雑誌「安心」にも紹介されてしまた!

ゴボウスープは健康雑誌『安心』にも紹介されていました。ゴボウスープは生のゴボウをすりおろす事がポイントだそうで、冷凍も出来るようです。雑誌には「ダイエットに成功した」「肌が綺麗になった」「便秘が改善した」と言う声が寄せられていました。

ゴボウはこれから冬にかけて美味しくなってくる野菜ですから、冬の温かい椀物の1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
生きた酵素を丸ごと摂取! 50度味噌汁作り方。体質改善・ダイエットにも。

最近、健康を気にする方達の間で「50度味噌汁」が話題になっているのをご存知ですか? 「味噌汁が身体に良い」とか「発酵食品 ...

おすすめ
話題の『ゆで野菜ジュース』。ダイエットと美肌に良いって本当なの?

最近、健康を気にする人達の間で『ゆで野菜ジュース』が流行っているのをご存知ですか? タレントのクォン・ミジンさんがゆで野 ...

おすすめ
えっ!血糖値が下がる? 窪田流玉ねぎスープの作り方。

「タマネギが身体にいい」という話はご存知の事かと思います。 玉ねぎは血糖値をコントロールするのに役立つ…をと最近何かと話 ...

-ダイエット, 便秘・腸内環境
-, , , , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.