ダイエット 高血圧・糖尿・高脂血症 風邪・インフルエンザ

一晩で完成する長寿の秘薬。話題のゴマ酢の作り方。ダイエットにも。

投稿日:

ここ数年は「食品を酢に漬ける」事が何かと話題になっていますが、みなさんは「ゴマ酢」ってご存知ですか?

ゴマ酢はモンゴルにルーツを持つ民間療法で、たった3つの材料で、しかもたった一晩で作る事が出来ます。

ゴマ酢には血の流れを良くする効果があると言われていて、貧血やダイエットの効果も期待出来るのだとか。今回はゴマ酢の効果と作り方についてお届けします。

ゴマ酢で健康生活!


ゴマが身体に良いと言う事は今さら改めてご説明するまでもないかと思います

ゴマ


ゴマには良質の資質やたん白質、各種ビタミン、ミネラル、食物繊維と言った身体に良い栄養素がギュッっと詰まっています。中でも注目したのいのがセサミンと言う物質です。サプリにもなっていますから、ご存知の方も多いかと思います。

セサミンは活性酸素を撃退し、アンチエイジング効果があると言われています。

酢

また、ゴマ酢にはゴマだけでなく、酢と唐辛子を使うのですが、唐辛子の発汗作用や脂肪燃焼作用、お酢の持つ血液をサラサラにする効果や血糖値の上昇を防ぐ効果も見逃す事が出来ません。

ゴマ酢で期待出来る主な効果


・疲労回復
・老化防止
・高血圧や動脈硬化の改善
・こむら返りや貧血対策
・アンチエイジング&ダイエット

ゴマ酢は健康効果だけでなく、美容効果が高いため、特に女性にオススメです。テレビ等でも美人女医として活躍されている里見英子クリニックの里見英子先生も、ゴマ酢を推奨さりていくす。


ゴマ酢の作り方


ゴマ酢の材料は3つだけ

用意する物
・250ミリリットルの保存容器
・黒ゴマ 30グラム
・タカノツメ(唐辛子) 3本
・醸造酢 180ミリリットル

作り方
1 黒ゴマとタカノツメを保存容器にいれて酢に注ぐ
2 1をふたをせず電子レンジで600W3分加熱
3 容器にフタをして12時間置く

保存方法
フタをして冷暗所で保存してください
常温で1年保存出来ます

ゴマ酢のとり方





基本のとり方
・漬け酢を1日3回、食後に小さじ1杯を目安にそのまま飲む
・飲みにくい場合は水で薄めても良い
・ゴマが多少入っていてもOK

ゴマ


ゴマとタカノツメの活用方法
・漬けたゴマとタカノツメは調味料として使ってください
・一度使ったゴマでもう1度ゴマ酢を作るのはオススメしません

筆者も試してみました!





ゴマ酢、筆者も試してみました! 案外飲みやすかったです。「○○酢」の中には飲み難いものもりますが、ゴマの香ばしさとタカノツメのピリ辛さがあって、小さじ1杯程度なら楽勝です。

ただ、辛い味が苦手な方には難しいかも知れません。

漬けた後のゴマとタカノツメは料理の「ちょい足し」に使う事をオススメします。お浸しやサラダなどのアクセントとして重宝しています。

まとめ


いかがでしょううか? お酢には疲労回復の効果もありますし、暑くなっていくこれからの季節に良いかも知れませんね。

ゴマ酢はスーパーで売っている物だけで作れるのも嬉しいところ。気になる方は是非、試してみてくださいね。

-ダイエット, 高血圧・糖尿・高脂血症, 風邪・インフルエンザ
-, , ,

Copyright© 健康速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.