高血圧・糖尿・高脂血症 冷え・冷え症

ショウガオールのパワー炸裂!生姜緑茶で健康生活。ダイエットにも。

更新日:

「生姜が身体に良い」と言う事は日本人なら誰でも知っているかと思います。以前「生姜紅茶」や「生姜ココア」が流行りましたが、今回は生姜緑茶のご紹介です。

緑茶に含まれるカテキンと、生姜に含まれるショウガオール・ジンゲロールの働きで健康効果が規定出来るそうです。

生姜緑茶で健康生活!

生姜緑茶は長年、生姜を研究されている平柳要先生が考案されました。

お茶に含まれるポリフェノールの1種のカテキンと、生姜に含まれるジンゲロールショウガオールを一度に摂取する事で、血糖値や冷え性を改善させる効果があるのだとか。身体を温めて血液の流れが改善されることにより、ダイエットの援護射撃も期待出来そう。

平柳要先生は生姜緑茶について本を出版されていますから気になる方は是非。

病気にならない! しょうが緑茶健康法

生姜緑茶の作り方(1回分)

材料

・茶葉 3グラム(小さじ1~2)
・生姜 5グラム(すりおろし小さじ1)
・お湯 150ミリリットル

※ 茶葉は煎茶を選ぶ。抹茶。ほうじ茶・玉露・番茶は向かない

道具

・耐熱性計量カップ
・急須
・湯呑
・おろし器
・茶こし

1  生姜をすりおろす
  生姜を水で洗い、皮ごとすりおろす。
  毎回すりおろさなくても、密閉容器にいて冷蔵庫で保存しても良い。

2 急須に茶葉を入れ冷ましたお湯(80度)を注ぐ

4 湯呑にお湯を注ぐ
5 湯呑に茶こしを使って生姜を混ざる

※ 茶こしを使うと生姜の繊維を取り除く事が出来ます
  繊維が気にならない方は茶こしを使わなくてもOK
※ 生姜をすりおろすのが面倒な場合はチューブでも。
  チューブの場合は1.5倍の量を使ってください。

生姜緑茶の作り方(1日分)

材料

・茶葉 18グラム(小さじ3~4)
・生姜 30グラム(すりおろし小さじ6)
・お湯 900ミリリットル

※ 茶葉は煎茶を選ぶ。抹茶。ほうじ茶・玉露・番茶は向かない

道具

・耐熱性計量カップ
・急須
・耐熱ポット
・おろし器
・菜箸

1 生姜をすりおろす
  生姜を水で洗い、皮ごとすりおろす。
 毎回すりおろさなくても、密閉容器にいて冷蔵庫で保存しても良い。

2 急須に茶葉を入れ冷ましたお湯(80度)を注ぐ

4 耐熱ポットに緑茶をと生姜を入れる
5 菜箸でかき混ぜる

※ まとめて作る場合は冷蔵庫で保存して1日で飲みきってください
※ 生姜繊維は耐熱ポットの底に沈むので茶葉は不要です

生姜緑茶の飲み方

1日6回3食の食前と食後に飲むと効果的です。

食前に飲むメリット
食後の血糖値の上昇がゆるやかになる

食後に飲むメリット
殺菌作用が高いので虫歯、歯周病、口臭を防ぐ効果が期待出来る

筆者も試してみました!

生姜緑茶、筆者も試してみました。筆者はもともと緑茶も生姜も好きだからかも知れませんが味はかなり飲みやすいです。夏場はホットよりも冷やして飲むと良さそうです。

作り方も簡単ですし、これなら続けられそうです。

まとめ

いかがでしょううか? 筆者は生姜緑茶をはじめてから、手足の冷えが改善されたように思います。健康雑誌『安心』にも取り上げられていて「ダイエット出来た」「血圧が安定した」と喜びの声が寄せられているようです。

スーパーにある食材で作る事が出来ますから、気になる方は試してみてはいかがでしょううか?

-高血圧・糖尿・高脂血症, 冷え・冷え症
-, , , , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.