血管関係

新しい『酢玉ねぎ』の作り方。干した玉ねぎで効果倍増!血管増強&ダイエット!

更新日:

みなさんは「タマネギを食べると血液がサラサラになる」と言う話を聞いた事はありませんか?

実際、タマネギには血液をサラサラにして血栓を防ぐ成分が含まれています。

数年前「玉ねぎを酢につけた『酢玉ねぎ』が身体に良いらしい」と言う事で、酢玉ねぎが流行りましたが、今回は一般的に出回っている酢玉ねぎのレシピをさらにパワーアップしたレシピをご紹介します。

パワーアップした酢玉ねぎ

酢玉ねぎ

玉ねぎには「ケルセチン」と言う成分が含まれています。ケルセチンはは植物に含まれている黄色い色素でポリフェノールの1種です。

強い抗酸化力を持っていて、野菜や果物に含まれていますが、特に玉ねぎに多く含まれています。よく「玉ねぎを食べると血液がサラサラになる」と言われますが、それはケルセチンの効果なのです。

ケルセチンで血管が若返る理由

若返る理由

ケルセチンには血管内皮の機能を高める作用があります。

血管の構造は、外側から外膜、中膜、内膜と続き、もっとも内側に血管内皮細胞の薄い層があり、底から様々な指令が出されます。

元気な血管

血管内皮が正常であれば血管が柔軟に拡張して、血流もスムーズな状態になるのですが、血管が老化して活性酸素が増えると血管内皮機能は低下して、血管は弾力を失ってしまい動脈硬化になりかねません。

医師も実践しています

生活習慣病の権威で数多くの著書をお書きになっている南越谷献身会クリニックの院長、周東寛はご自身が15年以上前から毎日欠かさず「酢タマネギ」を食べておられるそうです。

タマネギと酢に含まれている成分が健康回復と維持に役立つと、身体の不調に悩む患者さんたちにも「酢玉ねぎ」を勧めておられます。

ケルセチン3倍の酢タマネギの作り方

 

ケルセチン3倍の玉ねぎ

材料

  • タマネギ…1個
  • 塩…少々
  • 酢…適量
  • ハチミツ…適量

作り方

  1. 日光に当てたタマネギを半分に切って縦に薄切りにする
  2. 【2】の水気を切って塩をふりかけて混ぜる
  3. 【3】を密閉容器に入れ、タマネギが浸るまで酢を入れる
  4. ハチミツを少量の湯で溶かして5に入れて混ぜる
  5. 冷蔵庫で保存する
※ 漬けてから5日目くらいからが食べごろ
※ 冷蔵庫で1週間~10日保存可能
※ 毎日適量食べます。
※ 飲める方は、漬け汁も適量、飲んでください。

 酢タマネギの食べ方(筆者も食べてみました!)

 

食べてみた

酢タマネギはそのまま食べてもOKですが、個人的にはひと手間加えて食べた方が美味しいように思います。

「食べなきゃ!」と思うとストレスになりますが「食事に小鉢を追加する」と思えば、美味しく戴けますよ。

食べ方色々

  • 酢タマネギに千切りのハムを少し加えて一緒に食べるとマリネのようにして食べる
  • 七味や黒胡椒を加えただけでも、ちょっとした小鉢に
  • 青のりやおかかを加えて
  • 炒め物やサラダの薬味]に

ご自分の好みにあった食べ方を探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

酢タマネギは健康雑誌『安心』でも紹介されいます。「高血圧が安定した」「コレステロール値が下がった」「便秘が治った」など、様々な声が寄せられているようです。

いかがでしょうか? 酢タマネギは作り方も簡単ですし、タマネギ1個と簡単な材料だけで作る事が出来ます。血管年齢が気になる方、タマネギがお好きな方は1度試してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
ピーナッツ
漬けるだけで健康効果アップ! 話題の『酢ピーナッツ』の作り方。

ここ数年は『酢にんじん』や『酢ニンニク』など、何でもかんでも酢に漬けるのが流行っていますが、最近は『酢ピーナッツ』が話題 ...

おすすめ
話題の酢ニンジンの作り方。酢人参で美肌をキープ。高血圧・アトピー等にも。

みなさんはニンジンが身体に良いと言う話はご存知かと思います。 ニンジンは野菜の中でもβカロテンの含有量がトップクラス。β ...

おすすめ
玉ねぎレシピの最高傑作!話題の『黒たまジャム』で健康生活!

ここ数年「玉ねぎは血液をサラサラにする効果がある」と言うとで、様々な食べ方が考案されてきました。玉ねぎの新しい食べ方につ ...

-血管関係
-, , , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.