食べて元気

コレステロール・中性脂肪の増加に紅麹がいいらしい。

更新日:

あなたは「脂質異常症」という病気をご存知ですか?

脂質異常症は血液中に脂質(コレステロールや中性脂肪)が増え過ぎる病気です。厚生労働省は脂質異常症の撲滅に力を注いでいますが、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病に較べると、認知度も低く患者数は年々相場傾向にあるります。

厚生労働省による脂質異常症の解説ページ

脂質異常症|厚生労働省 e-ヘルスネット

コレステロールと戦う!

脂質異常症とは

中性脂肪はエネルギー源。コレステロールは細胞膜やホルモン構成成分。

どちらも人間の身体には欠かせない物質です。

しかし、これらが必要以上に増えると、血液がドロドロになり、血管が硬くなって動脈硬化を引き起こします。

脂質異常症になると、中性脂肪やコレステロールが増加すめたる、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症といった突然死に繋がる自体を引き起こす可能性ある恐ろしい病気なのです。

紅麹サプリ

今回ご紹介する「紅麹」には高コレステロールの治療にも使われる「モナコリンK」と言う物質が多く含まれいてい、脂質異常症の方や、コレステロール値がきになる方にの症状を改善します。

神戸大学名誉教授、新家龍先生も紅麹の効果を評価されていて、健康じ雑誌『安心』にも寄稿されています。

新家龍先生の記事によると、千葉大学医学部や、大阪市立大学医学部の実験でも、紅麹が脂質異常症の人のコレステロール値を下げる効果が確認されているとのこと。ちなみに、紅麹は1ヶ月間の摂取だったようです。

そもそも紅麹って何?

紅麹とは米や穀物に紅麹菌を加えて発行させたもの。

中国の『本草網目』にもその効果が書かれていて、消化を助け、血の巡りを良くし、内臓を強くしする効能がある漢方薬として利用されています。 中性脂肪やコレステロールが気になる方は、1度試してみる価値はあるかと思います。

紅麹のサプリは色々な会社から出ていますから、ご自身に合う、買い求めやすい物をお選びください。紅麹サプリを選ぶ時のポイントは「モナコリンK」が含まれているかどうか。必ず「モナコリンK」が含まれている物をお選びください。

コレステロールや中性脂肪の改善は、サプリや薬だけで出来るものではありませんが、毎日の生活を補助する道具として上手に使われてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
こうじ
甘酒作りが続かなかった方に朗報!簡単過ぎる「こうじ水」は飲んで良し。肌に付けて良し。

みなさんは「糀菌」が身体に良いと言う事はご存知かと思います。 甘酒や食べる甘酒が流行したのも記憶に新しく「ハマったわ~」 ...

おすすめ
血液サラサラに!血流改善に効果あり?話題の『オクラ水』の作り方。

みなさんはスーパーフードって言葉をご存知ですか? スーパーフードとは健康や美容に良い栄養が含まれる食べ物のこと。芸能人や ...

おすすめ
ダイエット・更年期障害・生活習慣病に『酢大豆』が凄い!

みなさんは「酢大豆」ってご存知ですか? 筆者が子どもの頃に流行っていて、伯母が食べていたのを覚えているのですが、最近にな ...

-食べて元気
-, , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.