食べて元気

風邪に効く!風邪を撃退する簡単薬膳スープの作り方

更新日:

日に日に涼しく……と言うか、寒くなってきましたね。

秋から冬にかけての今時分は気温が不安定な分体調を崩しやすい季節でもあります。また、冬も本番に突入すると気をつけたいのがインフルエンザ。今日は薬剤師をさんが推奨する熱の風邪に効く「簡単薬膳スープ」の作り方をご紹介します。

簡単薬膳スープで風邪対策!

現代の食生活に薬膳を取り入れる

今回ご紹介するスープは、山本記念病院の薬剤師である、道野有花先生がオススメする薬膳スープ。薬膳料理と言うと、なんとなく敷居の高い物のように感じてしまいますが、実は現代の食生活にも充分応用出来る物だと道野有花先生はおっしゃいます。

風邪のタイプは2つある

風邪には2種類のタイプがせ存在します。「寒タイプ」の風邪と「熱タイプ」の風邪です。

寒タイプの風邪は身体に強い寒気を感じて、肩や首が凝ります。
熱タイプの風邪は寒気は無いのに体温が上がり、喉が痛くなったり、鼻水が出たりします。

  布団をかぶっていても寒い風邪 →寒タイプ
  布団が暑くてたまらない風邪  →熱タイプ

風邪のタイプによって効果的な食材は異なります

寒タイプの風邪には、蟹だを温める食材が効果的です。代表的な物は、ネギ、生姜、シソなどが上げられます。
熱タイプの風邪には身体を冷やす食材が効果的です。大根、柚子、茗荷、トマト、キュウリなどが上げられます。

簡単薬膳スープの作り方(寒タイプの風邪)

【 材料 】

鶏肉、ネギ、生姜、ニンニク、塩、コショウ
鶏肉の部位はどこでもOK。材料の分量はお好みで

【 作り方 】

材料を食べやすい大きさに切り、鍋に入れて「水から」じっくりと30分ほど煮込む。
好みで鶏がらスープの元やコンソメで味付けしてもOK。

食欲がある場合は滋養を付けるために、もち米も加えます。

風邪をひいて身体が辛くても作る事が出来る!

簡単薬膳スープの作り方をご覧になって「分量とか書いてないし、適当過ぎ!」と思われた方もおられるかと主います。(実は私も思いました)

しかし、これは「あえて」このような形でレシピを公開されているのだとか。と言うのも、簡単薬膳スープは風邪をひいて身体がつらい時でも作りやすいように……と言う配慮なのだとか。確かに、体調が悪い時に本格的に何か作りたいとは思えないものですよね。

身体の中から治していく

道野有花先生ご自身も風邪の時は、簡単薬膳スープを食べておられるそうです。風邪になった時、病院に行くことも大切ですが、しっかり食べて中から治していくのも回復を早めるコツ。簡単薬膳スープは材料を揃えるもみ簡単ですし、寒さを伴う風邪の時に試してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
冬こそカレーを! 風邪気味だとカレーが食べたくなる理由。

日本では昔から「妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる」とか「疲れると甘いものが美味しく感じる」などと言われています。これ ...

おすすめ
大根おろしで病気知らず!名医も勧める大根のパワー!

みなさんは大根ってお好きですか? 大根は旬の頃なら1本100円程度で買えるのではないかと思います。安くて美味しい大根は昔 ...

おすすめ
「ミカン湯」で身体を温め風邪予防!

冬は風邪の季節。風邪って、元気で調子の良い時はかかりにくいのですが、寝不足やストレス、身体の身体の冷えなどによって、体力 ...

-食べて元気
-, , , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.