高血圧・糖尿・高脂血症 目・眼病 血管関係

網膜血管閉塞症に納豆食。ナットウキナーゼが凄い!血栓症予防にも

更新日:

みなさんは「血栓症」と聞くと、どんな病気を連想されますか? おそらく、まず思い浮かべるのが心筋梗塞や脳血栓症、脳梗塞ではないでしょうか。しかし、血管が詰まる病気には、これらの病気に加えて、目の網膜の血管が詰まる病気も多いようです。

納豆パワーで血栓予防?

最悪の場合失明するケースも

血栓とひと言で言っても実は相当恐ろし物なんです。

あまり聞き慣れないかと思うのですが、目の網膜の血管が詰まることによって起こる病気に「網膜血管閉塞症」と言う病気があります。実は中高年に多い病気で、心筋梗塞や脳梗塞のように命に関わる病気ではありませんが、放っておくと失明するケースもあるようです。網膜血管閉塞症は「視野が欠けてきた」とか「目がかすむ」という症状から病名が分かるケースが多いようです。

血栓予防にナットウキナーゼ

鳥取大学名誉教授の玉井嗣彦先生は、網膜血管閉塞症の患者さんに納豆食を薦めています。1980年代に納豆からナットウキナーゼと言う血栓を溶かす酵素が発見されましたが、眼科医の間でも網膜血管閉塞症の食事療法として納豆食を取り入れる方が増えています。

納豆を食べる時のポイント

ナットウキナーゼの血栓溶解能力は血栓は一般的に朝出来ると言われています。ですから納豆は夜に食べるのが効果的です。夜に食べておけば朝に出来る血栓を防ぐ事が出来ます。

また、納豆100グラムに含まれるナットウキナーゼの効果は、ウロキナーゼの点滴1本分に相当すると言われています。網膜血管閉塞症の方は、毎日納豆を2パック(1日100グラム)食べると良いそうです。

納豆を食べてはいけないケース

もしワーファリンと言う抗血液凝固剤を服用中の方は、納豆を食べてはいけません。納豆含まれるビタミンKがワーファリンの働きを阻害してしまいます。

サプリを利用する方法も

納豆が苦手な場合はサプリを利用する方法もあります。「ナットウキナーゼ」のサプリはドラッグストアなどで簡単に購入する事が出来ます。ご自分が飲みやすい、使いやすい物を選ばれると良いでしょう。

「納豆が身体に良い」と言うことは昔から言われてきたことですが、納豆に含まれるナットウキナーゼは眼病予防だけでなく、血栓を溶かす効果があるので、身内に血栓症がいてご自分も心配な方は、毎日の食事に納豆を取り入れてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
血液がサラサラになる?薬剤師が勧める黒酢ワインの威力について

みなさんは「お酢が身体に良い」と言う事を、なんとなくご存知かと思います。お酢にも色々な種類がありますが、漢方薬局の薬剤師 ...

おすすめ
玉ねぎレシピの最高傑作!話題の『黒たまジャム』で健康生活!

ここ数年「玉ねぎは血液をサラサラにする効果がある」と言うとで、様々な食べ方が考案されてきました。玉ねぎの新しい食べ方につ ...

おすすめ
血管の老化予防に『ミルク酢』はいかが?台所食材で作るスーパーフード!

みなさんは「ミルク酢」ってご存知ですか? ミルク酢はその名の通り、ミルクに酢を加えて作る謎の飲み物。 しかし、このミルク ...

-高血圧・糖尿・高脂血症, 目・眼病, 血管関係
-, , ,

Copyright© 健康速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.