手軽に元気

脳梗塞の予防に! 就寝前にコップ1杯の水。

更新日:

みなさんは「脳梗塞」と聞いて、どんなイメージを持っていますか?

なんとなく「年配の人がなる病気」とか「お年寄りの病気」と言う認識でいる人が多いかと思うのですが、最近だと、磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れたニュースが飛び込んできました。意外に思われるかも知れませんが、脳梗塞は「お年寄りの病気」と言う訳ではありません。脳梗塞が低年齢化してきていることを危惧している研究者も少なくありません。

脳梗塞に気をつけて~

脳梗塞ってどんんな病気?

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、何かの原因で脳の血のめぐりが悪くなることで脳が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(えし)(梗塞)する病気です。

脳梗塞になると……

脳梗塞で倒れると、そのまま亡くなってしまうケースもあります。また、回復しても手足や顔面の感覚障害、言語障害、失語症といった重い後遺症が残ってしまうこともある恐ろしい病気です。

「急に言葉がでなくなる」「足に力が入らなくなる」「ふらにつく」「ものが二重に見える」など、普通とは違う症状を感じた時は、すぐに専門医の診察を受けてください。早期発見の場合、後遺症が残らず回復するケースもあります。

脳梗塞にならないために

脳梗塞ならないためには「血栓を作らない」「血液をサラサラの状態に保つ」事が大切です。水分不足は要注意。血液中の水分が不足すると血液がドロドロの状態になってしまいます。血液中の水分を一定量保つためには、こまめな水分補給を心がけてください。

f308eaf36bec91fd331c02ac9c314bcb_s

厚生労働省も推奨しています

夏場は熱中症予防にと、水分補給に気を使う方が多いかと思うのですが、むしろ気をつけて戴きたいのがこれからの季節。冬場は「トイレが近くなるから」という理由から水分を控える方が多いようです。

しかし冬場はコタツに入ったり、暖房をつけたりして、意外と身体は乾燥しています。特に就寝中は一時的に血圧が下がるため、血液が滞りやすくなってしまいます。これは血栓が詰まる原因になるので非常に危険です。

厚生労働省も「脳梗塞予防のため水を飲もう」と推奨しています。夜間頻尿等のトラブルが無いのであれば、就寝前はコップ1杯の水(または白湯)を飲む事をオススメします。

脳梗塞は決して「自分には関係のない病気」ではありません。少しでもリスクを減らすためにも「就寝前にコップ1杯の水」をはじめてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
医師が推奨。『1分正座』が血管力を強化する?

日本きは世界でも有数の長寿国です。しかし、いくら長生きと言っても健康でなければ楽しくありません。健康な高齢者を調べてみる ...

おすすめ
食べ方
感染症・認知症予防に「食べる甘酒」が良いらしい。腸活にも。

甘酒は「飲む点滴」と言われ、身体に良いとのことで、ここ数年知られるようになってきました。 甘酒をはじめとする日本古来の発 ...

おすすめ
チョコレートは脳の栄養。「BDNF」を増やしてアルツハイマー予防!

みなさんはチョコレートってお好きですか? チョコレートと言うと子どものオヤツと言うイメージが強い方が多いかと思います。ま ...

-手軽に元気
-, , , , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.