自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

健康速報

高血圧・糖尿・高脂血症

世界が注目!血圧を下げるハンドグリップ(タオル握り)について

更新日:

みなさんは「ハンドグリップ」と言う言葉をご存知ですか? カナダ人の高血圧予防のスペシャリスト、フィリップ・ミラー博士が考案した血圧を下げる方法で、2014年3月に放送された『ためしてガッテン』でも話題になりました。カナダでは、ハンドグリップをするためにデジタル握力計を使うようなのですが、一般的なタオルでも代用可能なようです。今回は誰にでも出来る「ハンドグリップ(タオル握り)」の方法をご紹介します。


『ためしてガッテン』の実験結果


『ためしてガッテン』の番組ではハンドグリップの効果を調べる実験を行っています。血圧が気になる7人の参加者にハンドグリップを4週間実行してもらうという実験です。

その結果、なんと4週間後には実験参加者7人のうち、6人の血圧が下がっていたのです。例えば、血圧が138だった人が、111に、185だった人が152に……という好結果が出てきます。

ハンドグリップで血圧が下がる理由


では、何故ハンドグリップで血圧が下がるのでしょうか? タオルを握っている間は筋肉が収縮するため、血流が少し定価します。次に力をゆるめた瞬間、どっと血液が流れます。この時、血管の内皮細胞から一酸化窒素が出て、血管を広げ血管を柔らかくするのです。

つまり、ハンドグリップをすると一酸化窒素の血管拡張作用で血圧が定価すると考えられています。

ハンドグリップ(タオル握り)の方法


image00

1 タオル巻きをつくります。普通のタオルを四つ折りにして、端からくるくると巻きます。指と指がくっつかない状態が適当です。
2 右手でタオルを軽く2分間握り、1分間休みます。
3 タオルを持ち替えて、左手で2分間握り、1分間休みます
4 2と3の工程を2回行います。

※ タオルを握る時はテを心臓より高くしないでください

※ 1日1回行います。月、火、水に行って木曜日は休み。
  金、土に行って日は休んでください。

休息日を入れてください


ハンドグリップは血圧を効果的に下げる事が出来ますが必ず休息日を入れてください。どんな運動でも休息日は必要です。それはハンドグリップのような軽い運動でも同じこと。休息は身体にとって大切なことで、むしろ休んだ方が長い目で見て効率が上がるようです。

まとめ


いかがでしょうか? ハンドグリップの良い所はお金をかけずに簡単に出来る事です。「やらなきゃ」と堅苦しく考えずに、テレビを観ながら実行する事が出来ます。しかも実行するのは1週間のうち5日間だけ! 血圧の気になる方は1度試してみてはいかがでしょうか?

-高血圧・糖尿・高脂血症
-, , , , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.