食べて元気

グルタミンの力で免疫力アップ!「玉子かけご飯」が良いらしい。

更新日:

最近、難治性の腸疾患「潰瘍性大腸炎」の治療に「グルタミン」と言う栄養素が注目をあ詰めています。腸疾患の専門医で松生クリニック院長の松生恒夫先生は、腸の免疫力をアップするため、食事にグルタミンを取り入れることを推奨されています。

玉子かけご飯で健康生活!

グルタミンは病気の治療にも利用されています

グルタミンが腸に良いことは以前から知られていて、外科手術の後、食事をする事が出来ない患者に行う「GFO両方」という治療があるのですが、これはグルタミンとファイバー(食物繊維)オリゴ糖を一緒に取る療法で、絶食による腸粘膜に萎縮や腸機能の低下を防ぐために行われます。

グルタミンの効果

グルタミンはアミノ酸の一種です。うま味成分の「グルタミン酸」と名前が似ているので混同されがちですが、全く別の成分です。グルタミンには以下のような効果が確認されています。

1 小腸粘膜の最大のエネルギー源となる
2 大腸粘膜の2番目のエネルギー源となる
3 腸の免疫細胞の発育を促し、免疫力を高める
4 抗うつ作用がある
5 傷口の修復を促す効果がある

海外の研究者も注目しています

イギリス、オックスフォード大学のエリック・ニュースホルム博士は体内にグルタミンが少ないと、リンパ球やマクロファージの働きが低下し、多いとリンパ球が活発に増殖するという研究結果を発表しています。

リンパ球やマクロファージは人の身体を病気から守る免疫力の源とも言えます。リンパ球やマクロファージが活発に増殖すると言うことは免疫力がアップすると言うことなのです。

グルタミンを多く含む食べ物

グルタミンは魚や肉、玉子といったタンパク質を多く含む食材に含まれています。しかしグルタミンは40度以上の熱で壊れてしまうという欠点があります。

フランスでは、体調が悪い時に生の肉(タルタルステーキ等)を食べる習慣があるそうですが、これは生肉に含まれるグルタミンが免疫力を高める効果を利用していると思われます。

ece1f89781bb691eecb6c8a1a5324548_s

日本人の定番メニュー「玉子かけご飯」

松生恒夫先生がオススメするのが「玉子かけご飯」です。熱々のご飯だとグルタミンが壊れてしまう恐れがあるので、ほんの少し冷ましてか玉子をかけると良いようです。

グルタミンは普通の食事をしていれば、他のアミノ酸の力によって、体内で合成されるものですが、免疫力高めるために毎日…とは言わないまでも、定期的に玉子かけご飯を食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
超快便!作るの簡単『塩キノコ』で健康生活!ダイエットにもオススメ。

みなさんはキノコ類ってお好きですか? ポイント 「キノコは身体に良い」「キノコを食べると免疫力がアップする」なんて話を聞 ...

おすすめ
焼きミカンで免疫力アップ!メタボ・骨粗しょう症対策にも。

昔から「ミカンが熟れると医者が青くなる」と言う言葉がありますが、日本では昔からミカンが健康に良い物と知られていました。ミ ...

おすすめ
便秘一掃!免疫力アップ!腸内環境を改善する「ぶし味噌」について

みなさんは、この50年間のうちに日本人に腸の病気が急増中だって事をご存知ですか? 大腸がんで亡くなる方は、9倍に増加。1 ...

-食べて元気
-, , , , , , ,

Copyright© オトナノゲンキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.