自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

健康速報

メニエール・めまい・耳

耳鳴りの原因は噛み合わせ? 噛み合わせの専門医が勧める「噛み方」について。

更新日:

健康に年を取るために「歯を大切にしましょう」と言う事がよく言われますが、健康な毎日を過ごすためには「噛み合わせ」も重要になってきます。今回は噛み合わせと、噛み合わせの改善についてお届けします。


63f4a5f2e735bc210f75e49d6d23b6f1_s


◆ 噛み合わせが原因で起こる様々な不調

噛み合わせが悪いと美味しく食事を取る事が出来なくなるだけでなく、身体のあちこちに様々な不調が出てきます。噛み合わせの悪さが原因で身体のバランスが崩れることで、頭痛、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り等様々な症状が出てくることがあるようです。これら、噛み合わせの異常が原因で起こる身体の不調を「咬合関連症」と言います。


◆ 噛み合わせのスペシャリストが指摘

歯科医であり、日本全身咬合学会指導医の長坂斉先生は30年以上前から噛み合わせの不具合が全身に及ぼす影響について研究されています。長坂斉先生は長年、偏った噛み方を続けていると、常に噛む歯がすり減ってくるため、前後左右で歯の高さに差が生じ、それに合わせて頭の位置が傾くため、身体のバランスを取るために首や肩の筋肉が必要以上に緊張するため、身体の以上が生じると指摘されています。

また、噛み合わせの不具合が聴力にも影響すると長坂斉先生は指摘されています。耳はあごのすぐ側にあるため、噛み合わせが悪いとあごの動きに異常が出るため、顎関節や頭の骨に異常な力が加わったり、物を噛む時に使う咀嚼関連筋や血流量にも左右でアンバランスが生じるため、これが耳鳴りや聴力の低下に繋がると言うのです。


◆ 日本人は奥歯で噛み過ぎるという傾向

長坂斉先生によると、箸を使って食事をする日本人は奥歯で噛み過ぎる傾向があると仰っています。右でお箸を持つ方が大半かと思うのですが、この場合左の奥歯で偏って噛むことになりがちなのだとか。


◆ 耳鳴りで悩んでいる人は奥歯が欠けている?

長坂斉先生が耳鳴りで悩む患者さんを診察すめと、奥歯が欠けている人が多いそうです。奥歯の高さが低くなったりしていて、正常な噛み合わせではない状態になっているのだとか。

しかし、そんな場合も噛み方を改善するだけで症状を軽減する事が出来ると長坂斉先生は仰っています。


◆ 耳鳴りを改善する噛み方

高音の「キーン」と言う耳鳴りの方の場合
前歯で噛む傾向が強いため、真ん中よりも奥の歯で噛むように意識する。

低音の「ブーナ」と言う耳鳴りの方の場合
奥歯で噛む傾向が強いたろ。前歯や前の横の歯で噛むように意識する。また、左右の歯を均等に使うよう心掛ける。


いかがでしょうか? 難聴や耳鳴りの原因の全てが噛み合わせだと言う訳ではありません。本格的に治療したい場合は耳鼻科や歯科での診察が最善ですが「ちょっと気になるな」と言う場合は、噛み方を改善するだけで症状が収まるケースもあるようです。特に難しい事ではありませから、耳鳴りが気になる方は1度試されてはいかがでしょうか?

-メニエール・めまい・耳
-, , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.