自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

健康速報

メニエール・めまい・耳

ストレス性の耳鳴りでお悩みの方に。「耳あんま」のススメ。

更新日:

人間は疲れやストレスが溜まると身体の弱い部分にトラブルが起こる事があります。「ストレスが溜まると頭痛が起きる」とか「少しでも食べ過ぎるとすぐに胃の具合が悪くなる」とか。弱点は人それぞれに違うのですが、疲れがたまると耳鳴りがする方も少なくないようです。今回はストレス性の耳鳴りに効果があると評判の「耳あんま」をご紹介します。

耳あんまについて


ストレス性の耳鳴り

ストレスが原因で耳鳴りを発症する方は意外と多いようです。ご紹介する「耳あんま」を考案された福徳敏樹先生も疲れがたまると「キーン」と金属音のような耳鳴りがするだとか。そして、先生ご自身も耳鳴りがする時は「耳あんま」を実践されています。


福徳敏樹先生考案の「耳あんま」


耳あんまは三体堂均整院でもある整体師の福徳敏樹先生が考案された方法です。福徳敏樹先生は東洋医学をベースに戦前の古い資料を研究される中で「耳あんま」を知り、独自のアレンジを加えて「耳あんま」の方法を確立されました。

「耳あんま」の方法


1 耳の上と下を親指と人差し指でつまむ。
2 上と下を交代でひっぱって一往復。
  この動作をリズミカルに50往復引。
3 左右の人差し指を耳の穴に入れる。
4 指先に軽く力を入れて、円を描くように動かすし力を抜く・
  この動作を12回繰り返す。
5 左右の耳の穴に入れた指を抜く。この動作を3回。
  指を抜く時に口を開けると効果的。

※ 朝昼晩と1日3回行うのがオススメです。

耳あんまで耳鳴りが改善する理由


耳あんまで耳鳴りが改善する理由は2つあります。1つは顎関節から耳にかけての左右の骨のバラナスが整うからです。難聴の方を調べてみると、全く聞こえないケースもありますが、多くの方は左右どちらかの耳はよく聞こえるのだとか。つまり「利き耳」です。そして、利き耳は反対の耳に比べて耳の穴の大きさが小さく、耳の後ろにある乳様突起と呼ばれる骨が大きいのだとか。耳鳴りを起こしている方はそのバランスが悪い事が多く、バランスを整える時で耳鳴りが改善するのだとか。

もう1つの理由は耳あんまが顎関節へ刺激を与える事で、周辺の血流を良くするということです。血流が良くなれば耳と頭がスッキリし、心の緊張もほぐれてきます。これが耳鳴りの改善に繋がるのだとか。

まとめ


いかがでしょうか? 耳あんまは1回5分ほどで出来る耳の体操のようなものです。筆者も試してみましたが、意外と気持ちの良いものです。特別な器具を買う必要もありませんし、ストレス性の耳鳴りに悩んでおられるのでしたら、1度試してみてはいかがでしょうか?

-メニエール・めまい・耳
-, , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.