自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

健康速報

目・眼病

タマネギで眼病予防? 白内障・角膜潰瘍を回避する!

更新日:

最近、タマネギが健康に良いと見直されています。このサイトでも『にんたまジャム』や『酢タマネギ』『タマネギスープ』など、タマネギの活用法をご紹介してきました。

それらの記事ではタマネギは血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ……とご説明したのですが、最近の研究ではタマネギが眼病予防になると言う事が解明されているのです。東京大学医学部の元講師で、現在老人保健事業で活躍されている斎藤嘉美先生は眼病予防にタマネギを食べる事を推奨されています。

タマネギに含まれるグルタチオンの秘密


タマネギには血液をサラサラにするのあるケルセンの他に「グルタチオン」と言う健康に役立つ成分が含まてれいます。グルタチオンはもともと、身体の中にある成分でもあり、様々な臓器や細胞内にも含まれています。中でも、特にグルタチオンを多く含んでいのが「目」です。

グルタチオンは目を構成する角膜、盲目、網様体、水晶体などに含まれていて、特に水晶体のグルタチオンの濃度は血中濃度の数十倍もあるようです。

水晶体にグルタチオンが必要な理由


水晶体にグルタチオンが多く含まれている理由は、その透明性を維持するためです。白内障は水晶体が白く濁る病気として知られていますが、それに先立って水晶体のグルが減少したり、グルタチオンを合成する酵素の働きが低下している事が分かっています。

ですから、白内障を予防したり、進行を押さえるにはグルタチオンを外から補給する事が必要になってきます。そのグルタチオンの供給源として注目されているのがタマネギなのです。

角膜の潰瘍にも


また角膜の潰瘍にもグルタチオンが有効ではないかと言われていいます。角膜潰瘍はコラーゲン分解酵素のコラーゼによって、角膜コラーゲンが分解される事により送るのですが、グルタチオンは角膜コラーゲンの合成を促したり、コラーゼの働きを良くする作用があるようです。

タマネギで眼病予防!


タマネギで眼病が治る……と言う訳ではありませんが、目の健康を保つための効果は期待出来そうです。

グルタチオンはタマネギに含まれる成分ですが、加熱に弱いため、生のまま摂取する事が望ましいようです。もちろん、加熱したところで全てのグルタチオンが破壊される訳ではありませんから、生が苦手な方は加熱したものでも良いでしょう。タマネギの食べ方については別記事にまとめてありますから、参考になさってください。

【参考】 タマネギの記事まとめ

まとめ


目のトラブルは加齢と共に少しずつ現れてきます。タマネギは薬ではありませんが、目の健康をサポートするサプリメントの変わりに、意識して摂取するようにしてみてはいかがでしょうか?

-目・眼病
-, , , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.