自宅で出来る身体に良いこと。あなたもはじめてみませんか?

健康速報

美容・アンチエイジング アンチエイジング 肝臓・肝炎

話題の酢ニンジンの作り方。酢人参で美肌をキープ。高血圧・アトピー等にも。

投稿日:

みなさんはニンジンが身体に良いと言う話はご存知かと思います。ニンジンは野菜の中でもβカロテンの含有量がトップクラス。βカロテンは人間の身体の中でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の修復を助けるだけでなく、骨や歯、毛髪の育成にも役立つ栄養素です。

最近、ニンジンのβカロテンを効率的に摂取する方法として「酢ニンジン」が流行っているようです。今回は話題の酢ニンジンについてお届けします

酢ニンジンで美肌生活


どうして酢ニンジンが良いのか?


昭和大学教授の中山貞男先生によると、酢ニンジンには「抗酸化作用」「代謝促進作用」「肝機能向上作用」があるそうです。酢に含まれる抗酸化作用、ニンジンのβカロテン(ビタミンA)に含まれる代謝促進作用、そして酢が脂肪の蓄積を抑える事で肝臓機能の異常を防ぐことかが期待出来るのたとか。

もともと酢もニンジンも昔から「身体に良いもの」と知られてきましたが、それらを効率よく身体に取り入れることで健康を促進する効果が期待できるとのこと。

女優・遠山景織子さんも愛用


酢ニンジンは女優、遠山景織子さんも常備菜として愛用されているようです。遠山景織子さんは女優としてだけでなく、フードコーディネーターの資格をお持ちで、ご自身のお弁当本なども出版されるほどの料理上手。

遠山景織子さんは冷蔵庫に酢ニンジンを常備して、サンドイッチにしたり、冷しゃぶのお肉に巻いたりして食べておられるのだとか。


酢ニンジンの作り方


酢ニンジンのレシピ

材料
ニンジン 大2本
塩    小さじ1
酢    400~600ml程度
ハチミツ 大さじ2

用意するもの
大きめのガラスボウル
ガラスまたは琺瑯製で酸に強く、密閉できる清潔な容器
※ 容量1リットル程度必要です。複数個用意してもOK。

作り方
1 ニンジンを千切りにする
2 千切りしたニンジンに塩をふり、よく揉み込む
3 2を容器に入れ、よく混ぜた酢とハチミツをひたひたになるまで注ぐ

※ 冷蔵庫で保存します。漬けて30分ほどで食べられますが
  時間を置いた方が美味しく戴けます。
※ 2~3週間日持ちします
※ 瓶から取り出す時は清潔なハシを使ってください。
※ 残ったつけ汁は再利用しないでください。
  ドレッシングや調味料として使ってください。

常備菜に最適!


早速、筆者も作ってみました。ニンジンは千切りにするのが少し大変かと思うのですが、器具を使えば楽勝です。お手持ちの千切り器で一気に千切りを作る事をオススメします。


酢ニンジン、そのまま食べても美味しいですが、それ以上に常備菜として重宝します。レーズンやチーズ、オリーブオイルと和えるとお洒落なツマミになりますし、魚や肉をソテーした時に添えるとちょうどよい彩りになります。サラダに混ぜても映えますし、お弁当のおかずが足りない時にちょい足しするのもアリ。

まとめ


酢ニンジンは健康雑誌『壮快』にも紹介されていて「美肌になった」「アトピーが改善した」と言う声が寄せられています。作るのにちょっと一手間かかりますが、常備菜としても優秀ですし、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

-美容・アンチエイジング, アンチエイジング, 肝臓・肝炎
-, , , , , ,

Copyright© 健康速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.